タグ:野球

軟式野球のボールがこの春変わった。
より硬式に近づけようと
重くなり、弾まなくなり、
というのは理解できるが、
あの不可解なハートマークの
でこぼこが増えたのはどういう理由だ?
やけに指に引っかかり、珠数が増えてくると
指先にすぐマメができる。
そのため、変化球がよく曲がるように
なったのは嬉しいが、その辺が困る。
見た目なら以前の方が硬式に近いのに。

ホワイトキャップスは最終戦で勝利を収め
来季の1部昇格を決めた!
新潟から帰ってくるキャプテンを
1部で迎えられることにホッとしている。
さあ!ふれあい連盟での初優勝に向けて
井口新監督の新生マリーンズと共に頑張るぞ!

プロ野球開幕前夜!
WBCではあと一歩及ばず
世界一奪還はならなかったが
国内ではこれから熱い戦いが始まる。
我らが千葉ロッテはオープン戦首位!
パ・リーグ優勝は堅いとして、
セ・リーグは赤ヘル旋風やまず広島?
WBCで急成長を遂げた小林捕手を
擁する讀賣に一票を投じたいのだが
結果やいかに!?

ストーブリーグが熱い。
FA市場初の3人取りには
あまり興味は無いが、
人的補償やトレードや
契約交渉、背番号変更など
の動きに選手たちや球団の
思惑・人間もようが垣間見える。
様々なしがらみもあろうが、
年が明けて後、気分一新で
新たな夢を追いかけてもらいたい。

ホワイトキャップス今季リーグ戦終了。
6勝6敗1分で5位。来季の昇格はなし。
満足できる結果ではなかったが、収穫もあった。
今季4人の若手が規定試合数に達した。
若手とベテランの融合が上手くいかず、
チームが消滅してしまったり、
全く別のチームになってしまったりという
話をよく聞く中、ホワイトキャップスは
本当に若手とベテランの交流がバランス良く
とれていると思う。
来年で四半世紀を迎えるこのチームも
こうした和気藹々とした雰囲気の中、
飽くなき闘争心を上手に伝えていける
そういうチームになりつつあることに
この上ない喜びを感じる。

↑このページのトップヘ