2023年04月

 5月8日が迫る。
コロナがただの風邪になる日だ。
可笑しな話だけどね。

 それに先立ち県教委から文書が届いた。
なになに?対策撤廃の通知か?
と文面を読んでみると…
「対応を
協議中なので従来の対策を継続」だと!
バカなの!?知ってたけど!!



 5月8日が迫る。
コロナがただの風邪になる日だ。
可笑しな話だけどね。

 マスコミ・センモンカ・政治屋が
グルになって作り上げた
狂ったマインドを解除しないと
元に戻れない人々が多すぎる。
その最たるものがこれ。
「うつしちゃいけない」

 地球上に生きる生物は
すべからくウイルスの伝播者だ。
太古の昔から変わらない。
それを隙間だらけの布きれや
殺人遺伝子製剤で防げるなどと
思い上がりも甚だしい!

 各国の対策と結果を比較して
結局のところ何もしないに
等しかったスウェーデンが
病気の被害も経済の被害も
最小だったということが
それを表している。

 対策が間違っていたことを
認めたくないマスコミは
ほとんど触れてはいないけどね。

 3年前に日本が
その道を選ぶこともできた。
特にコロナ耐性が強い日本人は
スウェーデンをもしのぐ
世界中で一人勝ちできる
条件を備えていたのに。

 それを馬鹿マスコミと
馬鹿センモンカと馬鹿政府と
もっと馬鹿な野党がぶち壊した。

 いまだにマスクを外せず
ワクチンを疑いもしない
馬鹿な日本人をターゲットに
フ○イザー・モ○ルナが
製造工場を日本に作ってまで
ワクチン漬けにしようとしてる。

 あ、もう契約しちゃったのか。
だからただの風邪になっても
6回目とか言ってんだ。
完全に一人負けじゃん。
どうすんの、これ。

 そういう人たちのこと
何て言うか知ってる?
「売国奴」って言うんだよ。

 もうちょっと国民一人一人が
しっかりしないといけないね。
売国奴に国の舵取りを
任せておけないからさ。

 2022年の超過死亡がエラいことになっている。
こちらのグラフを見てもらえば一目瞭然だが
週毎 - 死亡数 | exdeaths-japan.org
2021年4月1週目までは「予測死亡数」と
ほぼ同じかやや少ない死亡数で推移していたが
それ以降は10月3週目くらいまでプラスが続く。
一旦収まったかに見えた死亡数だが
2022年2月1週目から一気に跳ね上がる。
4月3週目くらいからは「予測死亡数」を
やや上回るくらいまで落ち着くが、
7月4週目くらいから再び跳ね上がると
12月最終週まで死者数は落ち着くことはなかった。

 思い返してもらいたい。
身の回りで○○さんが亡くなった
という話を聞くことが増えたと思わないか?
年齢を聞いて、ああ、その歳なら、と思うこともあるが
え?まだ若いのに、と思うことも多々あったろう。
いずれにせよ2022年は人が多く死んでいるのだ。
ある報道によると超過死亡数11万3千人。
「コロナ影響か?」なんて見出しを打つ
アホな記事もあったが、オミクロンになってから
コロナが直接の死因になっている症例が
いったいいくつあるというのだ?

 コロナの毒性がまだ強かった
(肺炎やサイトカインストームを引き起こしていた)
頃は超過死亡はマイナスだった。
体力が落ちていたり基礎疾患がある患者が
不幸にもコロナ感染して病状が悪化していく
わずかなケースを報道が煽りに煽って
恐怖の感染症が日本に上陸したと
思わせていただけだ。

 実際に多くの人が亡くなっているのは
2021年4月以降なのだ。
戦後最大。東日本大震災以上の超過死亡。
それに匹敵する災厄が日本で起こっていたとすると
それは一体何か?
コロナではない。かかった人はわかるだろう?
インフルエンザが大流行した冬に起こる
超過死亡がおよそ2万人。
その5倍以上の人が亡くなる病気か?

自分の体感や
常識に照らした判断を大切にしてもらいたい。
2022年は人が死にすぎた。
自分の大切な人も亡くなった。
楽しみにしていた作品の作者も亡くなった。
もしかしたらもう少し長生きして
共に大切な時間を過ごすことができたかもしれない。
原因は2021年2月から日本に入ってきたアレだ。
グラフが跳ね上がる時期と
アレの○回目だとか言っている時期が符合する。
アレの間隔がどんどん狭まっていったから
2022年後半には一旦死亡数の落ち着きを見せる
期間すらなくなってしまった。
他に何か考えられることがあったら教えてほしい。

間違いない。
日本政府は悪魔に魂を売ったのだ。

↑このページのトップヘ