暑中お見舞い申し上げます。

とはいえ、ここのところはゲリラ豪雨を含め

不安定な天候が続き、猛暑日までには至らない。

ただ、この湿気が耐えがたい。

汗はかくが、それが蒸散していくだけの大気中の余地が無い。

ただひたすら肌を伝って流れ落ちるのみ。

衣服に染みた汗もそこに留まったまま行き場を

失ってしまうので、汗疹もできる。

自分のように熱のたまりやすい体質のヒトにとって

この多湿な気候は耐えがたいものがある。
 
 
先日、梅雨明け10日も過ぎて、熱帯夜から解放された翌朝、
 
妻が「昨夜はこの夏一番の暑さだったよね?」と一言。
 
「え~?涼しかったよ?」と自分。
 
そういえば10日ぶりくらいに横に自分が寝ていたなあ…。