2009年01月

 木曜にやたら背中が痛くなった。金曜に咳が出て胸が苦しくなった。
どうやら久しぶりに風邪をひいたようだ。潜伏期間を逆算すると、
今週に入って職場でもらってしまったようだ。そう言えばここんトコ
やたらとマスクをしている人が周囲に増えていた。
 ところで風邪をひいたら皆はどんな対策をしているのだろうか。
自分的にはとにかく早めに薬!である。根っからの貧乏性で、
常に何かをしていないと、人生損した気分になるタチなので、
健康を害して寝込んでいるあの状態にだけはなりたくないのだ。
それに、そうなるまでのあの不快感にも我慢がならない。
鼻の奥が痛くなるくらい鼻が詰まってしまったり、喉になにか
挟まっているかのような違和感がずっと続いたり、咳が頻繁に出て
体力が奪われたり、別に寒くもないのにくしゃみが止まらなかったり…。
ぶっ倒れるまで頑張る強者も身近にたくさんおり、そんな様子を見るにつけ
よくそういう症状を我慢しながら頑張れるものだと思う。それはそれで
すごいことだと思うのだが、自分はそこまで豪気になれない。
ほんの少しでも異変を感じると、すぐ薬。それもパブロンエースに限る。
今までにいろいろ試してみたが、どれも一長一短であった。
前々回風邪をひいたとき、近所のドラッグストアに駆け込むと、
症状別に薬が陳列されていた。最近の薬屋さんはさらに親切にも
薬ごとの売り文句がpop広告風に明記されていた。「ひき始めにはこれ」とか
「副作用が少ない」とか「のど・熱ピンポイントに」とかね。
しかし、現在の不快感をきれいサッパリ解消したい自分にはどれも
生ぬるく感じられ、あれこれと見ていたら、あったあった。
「市販薬中最強処方・一発で効きます!」
これはスゴイ。こんなものを町中で売ってもいいのだろうか。
そんなに言うなら買ってやろうかと試してみたら、確かに効く!
鼻・喉・咳の不快感が一発で解消された。以来自分は風邪をひくと
すぐこれである。しかし、効き目がすごければ副作用もすごい。
猛烈な倦怠感と眠気が襲ってくる。車の運転はお控えください、と
書かれているのも頷ける。でも、まあ、風邪の諸症状と天秤にかければ
躊躇無くこちらである。

 ずっと縁が無いと思っていたmixiを始めることになった。
いじっているうちに段々と仕組みがわかってきた。
知り合いであれば次々と「マイミク」を増やしていける。
また、見ず知らずの人であっても、コミュニティを通じて
信頼関係を築き、「マイミク」を増やしていく。
情報の公開も、どの段階までで抑えるかを選択可能で、
簡単に特定されない保護がかけられている。
なるほど、よくできていると感心した。
しかし、これを利用して楽しんでいくには落とし穴が潜んで
いることを知らなければならない。
信頼のおける「マイミク」限定であっても、一度ネット上に
上げた情報は公のものとなっている事実である。
複製・転載は容易に行えるし、そこにほんの少しの悪意が
加われば、「マイミク」の限定などないも同じである。
盲目的にこの仕組みを信頼し、漏らしてはならない情報を
ここに載せてしまうと取り返しのつかない事態もおこるだろう。
ネット社会は実社会と同義である。うかつな行いは厳に慎み
公にできる言葉や画像で楽しむべきものだろう。
せっかくの出会いを広げる楽しいツールを一部の心ない人の
ために台無しになってしまわないことを切に願う。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 1月2日チーム武藤55年会の立ち上げ式!
パルキーがとってくれた写真が届きましたのでアップします。
集合写真は自分の携帯で撮ったものよりクリアですね!
さてさて、先生の遺志を継いで文集作成もいよいよスタートです。
頑張って墓前に供えるに足るものを作り上げたいと思います!

イメージ 1

今朝はこの冬一番の冷え込み!
初めて愛車の温度計が氷点下を指していました。
通勤途中朝焼けを受けてものすごく富士山が綺麗だったので撮ってみました。
…ってコレじゃ見えないね!

イメージ 1

 昨夜はホワイトキャップスの新年会ミーティング。
今季は「奪回」をテーマにレッドリーグでの巻き返しを誓い合いました。
あとはもう時間オーバーしてガンガン飲んだね。
気が付いたら終電の時間が過ぎていて、ネットカフェで寝ることに。
暖房が効きすぎていて、朝は汗だくで目を覚ましました。
ま、寒いよりはいいかな?写真は早朝の千葉駅です。まだ閑散としているね。
思い切り二日酔いで帰宅しました。

↑このページのトップヘ