星野JAPANメダル獲得ならず…。無念の一言である。
日の丸を背負うことの重圧がテレビ画面からひしひしと
伝わってきた。この五輪で日本が負けた3カ国、韓国・
キューバ・アメリカは投手力・打撃力ともに日本を確かに
上回っていた。そこを「スモール・ベースボール」で打破
していったWBCでの爽快感を再び、と期待していただけに
星野監督の人選とオリンピックの制約が未だに解せない。
やはり最後まで星野監督のとった各球団や各選手に対する
遠慮(配慮?)が、勝負に徹した各国に遅れをとった要因
だと自分は思う。人間味がありすぎたゆえの敗戦といえる
だろう。来年のWBCはどの監督がどういう人選をしてどう
闘うのか、今から興味は尽きない。
 ホワイトキャップスも3連敗を喫し、今シーズンの優勝は
ほぼ絶望となった。5つの敗戦を振り返ってみると自分の
采配に因るところばかりが悔やまれる。「選手は一生懸命
やっている」星野監督の言葉がそのままウチのチームにも
あてはまる。エラーや三振も野球のうち。起こりうるリスクを
計算に入れた野球をやっていかなければいけない。現有
戦力を冷静に見据えた采配を振るわなければいけない。
反省材料をしっかり次に生かして、後半戦は巻き返しを誓う!